ペットの健康を維持する

病院選びのコツ

聴診器

犬や猫などを飼う時には、食事や運動などのライフスタイルの管理をしっかりと行うことが求められます。
人間と同様に、ライフスタイルに気を配りながら健康管理をしてあげることが必要です。
また、定期的に動物病院を利用することで、病気の早期発見や治療をすることができます。
言葉で体調不良が伝えられないペットだからこそ、飼い主のサポートが欠かせません。
千葉県には、ペットの診療を行う動物病院がたくさんあります。
千葉県内に住んでいる方は、ペットが通える病院を事前にリサーチしておきましょう。
動物病院によっては、診療対象動物が限られている場合があります。
犬や猫のみの診療を行う病院もあればウサギやフェレットなどのエキゾチックアニマルの診療も対応しているところもあるため、ペットに合った動物病院を見つけておくことが大切です。
また、休日や夜間にも診療を行っている動物病院もあるため、万が一に備えて把握しておくと慌てずに受診することができます。
千葉県内には、ペットホテルやトリミングサロンも利用できる動物病院が多数あります。
定期検診のついでに肛門絞りやシャンプーをしてもらうことができるのでおすすめです。
千葉県の動物病院の情報を集めた雑誌やインターネットのサイトを見ることで、ペットと飼い主にとって安心して通える動物病院を見つけることができます。
ペット保険に対応しているかどうかやクレジットカードでの支払いができるかどうかなど、さまざまな情報を事前に得ることができます。

しつけのしやすさで人気

子犬

犬を飼い始めるに当たっては、子犬を希望する方が圧倒的多数を占めます。
子犬は、流通している数が多く、希望する犬種の購入が比較的楽に出来るのが、現在のペット市場です。
生後2か月前後の子犬であれば、しつけもスムーズに行えることから、飼い主にとっては扱いやすさも魅力です。
新たに犬を飼う時は、人間と共同生活をする上でのしつけが必要になってきます。
室内で飼う場合は、排泄や食事に関するしつけが必ずといって良いほど求められます。
噛み癖や無駄吠えなどの問題行動を防いで、フレンドリーな性格に育てることも大切です。
子犬の時期は、こういった性格を形成するのにも最適な時期となりますので、成犬よりも子犬を希望する方が非常に多く見られます。
子犬のうちにワクチンの接種や寄生虫の駆除などを済ませておくと、将来的な病気を予防することが出来ます。
生後半年程度の間に避妊手術を行った場合、病気のリスクをほぼ確実に減らすことが可能です。
このような健康上の理由からも、子犬は非常に人気です。
精神的な面でも、子犬の時期から飼育すると大きな恩恵が得られます。
成長を見守る中でさらに愛情が湧いてくることが考えられ、家族の一員としての一体感が高まります。
飼い主との関係も概して良くなり、良い信頼関係を築ける点も子犬を購入するメリットです。
成犬から飼育すると、こういった良好な飼育が難しい場合があり、購入者からは敬遠されるケースが多くなります。

毛並みに注目する

犬の散歩

ミニチュアダックスは種類が多く、それぞれ特徴や性格が違うため、購入するときはポイントを押さえて選びます。
ミニチュアダックスは毛並みの種類によって性格が変わるため、毛並みに注目して選ぶことが大切です。
毛並みの種類がスムースのミニチュアダックスは、全身に短い毛が生えており体の丈夫な個体が多いため、犬の飼育が初めての人でも安心です。
性格は神経質な部分もありますが、それ以上に人間に甘えてくる性格なので、犬とのスキンシップに時間を取れる人に向いています。
毛並みがロングのミニチュアダックスは、スムースに比べて細くて柔らかい毛が生えており、大人しい性格が多いです。
一人で遊ぶよりも人間と遊ぶことが好きな性格なので、家を留守にする時間の長い人には向いていません。
硬くて短い毛並みなのはワイアーのミニチュアダックスで、性格は他の毛並みと比べて活発で好奇心が強いです。
ミニチュアダックスは胴が長く、高齢になるとヘルニアになる確率が他の犬よりも高いため、購入するときには骨格がしっかりしている子を選びます。
また栄養が十分に取れていないミニチュアダックスは、毛並みに艶がなくなるため、購入するときには毛並みに艶のある個体を選びましょう。
体調の優れているミニチュアダックスは、丸みを帯びた姿勢をしているため、姿勢の悪い個体は購入するのを避けます。
ミニチュアダックスは人懐っこい性格をしているため、選ぶときには自然に人間に寄ってくる個体を選ぶと良いです。