ペットとの別れとその供養

ペットの葬儀の手配

お墓

イヌやネコなどさまざまな種類のペットが家族同様に飼われています。
生き物と暮らすということは、たとえ食生活や環境面など改善されてきているといえども、命の限りのあるものと向き合うことでもあります。
一般にペットの方が寿命が短いわけですから、どのような最後になるかはともかく別れの時がやって来るという覚悟はしておかなければなりません。
しかしペットが元気な時期からなかなか別れを想定した準備に取りかかれていることはかなりまれなケースといえます。
ペットの命が尽きる段階で初めてペット供養の手配に奔走することになります。
ペットとの別れになるという悲しい気持ちのある一方できちんとペット供養をして送り出してあげたいという気持ちもあるはずです。
そこでどうしても慌ただしくなりがちな時期ですが、誠実で費用も適正な業者にペット供養を執り行ってもらいましょう。
ペット供養とともに、火葬や埋葬についてもワンストップで相談ができるとその後の対応がとてもスムーズにはかどります。
ペットは家族同様に暮らしてきてとても愛情を注いできたはずです。
それだけにペット供養の業者は短期間で選定することになることでしょうが、それでも営利を追求するのではなく、ペットの最後をしっかりと面倒を見るという姿勢のある会社にするようにしましょう。
ペットとの別れが十分に満足できる形にできると、これまでの暮らしをとてもいい思い出とすることができるはずなので、ペット供養は重要な機会ととらえましょう。

人気の秘密

男女

近年、ペットを飼う際に小型犬を選ぶ家庭が増えています。
その中でも特に人気の犬種の一つが、ミニチュアダックスです。
今回は、そんなミニチュアダックスの人気の秘密をご紹介いたします。
元々は狩猟犬として活躍していましたが、人と共に仕事をしていたことから人間と信頼関係を築きやすく、友好的な性格の犬種と言われています。
そのため賢く躾がしやすいと言われていますが、狩猟の習性により、見た目に反して大きな声で鳴きます。
個体によっては吠え癖が強い子もいるため、小さい頃からトレーニングをする必要があります。
勿論見た目の可愛さも人気の理由です。
長い胴と短い手足に何とも愛らしい魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。
しかしその体の構造上腰を痛めやすいため、体重管理や抱っこの仕方に気を付けなければいけません。
一口にミニチュアダックスと言っても、その毛並みや色は多種多様であり、自分のお気に入りの種類を見つけることができるのです。
そして小型犬ということで、ペット可であればアパートやマンションの室内でも飼いやすいこと、エサ代が安価に抑えられることも大きなポイントです。
短毛のミニチュアダックスならばトリミング代も安く済みます。
愛らしい見た目に反して活発な性格であること、よく鳴くこと、鳴き声が大きいという点に始めは戸惑うかもしれません。
しかし元々非常に賢い犬種です。
その子の性格を理解して、小さい頃からしっかり躾をしてあげることが大切です。

性格や飼い方について

チワワ

チワックスとは、チワワとダックスフントのミックス犬のことです。
チワワの愛くるしい顔立ちに、ダックスフントのユニークな長い胴がある外見を持っています。
両方の犬種の特徴を併せ持つチワックスは、ミックス犬の中でも人気があり、作出数も非常に多くなっています。
チワックスの性格は、飼い主が大好きで甘えん坊、他の犬や人に対してはやや警戒心が強いという特徴があります。
チワワもダックスフントもあまり社交性が高くない犬なので、チワックスもあまり社交性は高くありません。
中には警戒心が強い個体もいます。
ですが、飼い主へは非常に甘えん坊で愛くるしい姿を見せてくれます。
チワックスを飼うときには、生活面においていくつか注意点があります。
まず食事ですが、肥満になると骨折、脱臼などが起きやすくなるばかりか糖尿病などの合併疾患にもつながり健康にダイレクトに影響します。
可愛くても過剰におやつや食事をあげたりせず、適切な量と内容を守りましょう。
人間の食べ物は厳禁です。
散歩については、少なめでかまいません。
体調を見ながら週に二度程度、短めの時間ですませましょう。
チワックスは超小型犬である上骨格などの構造からあまり運動を好まないためです。
ジャンプなどの激しい運動も避けましょう。
社交性があまり高くないため、あまり他の犬に合わせないで育ててしまうと社交性が低くなりすぎてしまいます。
飼いやすくするためにも小さいうちからある程度ほかの犬に合わせるようにするのがおすすめです。